活動報告

第2期第8回講義を開催しました!

こんにちは!

真學経営塾 事務局の花堂です。

 

 

エンゼルスの大谷選手、ア・リーグの新人王に選出されましたね!

イチロー選手以来の快挙みたいです。凄いですね!

大谷は、現在2刀流ではありませんが、真學経営塾は

山下、佐藤の2刀流講師で頑張ってます!(笑)

(写真は9月の講義後の懇親会での佐藤講師の誕生日祝いの写真です。(^^)/)

 

 

 

では、第8回講義の内容をご紹介します。

 

 

前半は、山下講師から以前講義で説明のあった「幸せノート」の

書き方について、自身で過去に書いたノートを元に説明がありました。

(幸せノートの説明は、第6回目の講義のブログを

お読みください。)↓↓

http://www.shingakukeieijyuku.com/works/dainikidairokukaikougi/

 

 

ノートを5年に渡り、書いてこられた感想として、

書き始める前と今では「気づきやアイデア、

物事の原因を深く考える思考力」が各段についたこと、

 

そして気づいたことを今後どのように自分に活かして

いくのか?「アウトプットする」力が3倍ぐらい身に

ついたことをあげられていました。

 

 

山下曰く、「気づきを気づきで終わらせるな!

アウトプットしなければ意味がない」という言葉が響きました(゚∀゚)

 

 

感想としては、難しく考えず思ったことや気づいたことを

そのまま素直に書けばいいんだなという事でした。

まずは書くことで気づきやアイデアを生み出す力を身につけて

いくことができるのだと感じました。

実践あるのみですね!!

 

 

後半は佐藤講師より、「念い(おもい)を実現するための方法」

について話がありました。

 

 

最初に、受講生に方々に「夢や目標を実現するために、どのような

ことを大切にしてきたか?」を、全員でシェアしました。

また、「思ったことを実現するためには何が必要か?」との

問題提起もありました。

 

 

その後、解説として、

「創造力」…思ったことを実現する力を発動するためには
「思い>想い>念い」へと意識をシフトしていくこと
即ち、「念い」を集中すること、いわゆる瞑想が重要であることと
説明がありました。

 

 

念いへの意識のシフトはとても難しいので
反復して、潜在意識に植え付けないと

いけないという話がありました。

 

 

念いが現象化するには、以下の要素が必要

「現象化=意識×行動×持続力(時間)」
なるほど。。。と感じました
何か実現したいことがあって、常にそれを念って生きている人は、
しっかりアンテナを張っているのでチャンスを逃さないし、
日頃から口に出したりしていれば、誰かがそれを助けてくれて

新たな道を示してくれるようなこともあると思いました。

念い続けることって本当に大事だと感じました。

 

 

(受講生の皆様へ)

次回は、12/10(月)開催で今年最後の講義となります!

テーマは「創造力を開発するライフスタイルのすすめ『清廉マニュアル』」
です。

 

 

お楽しみに♪

 

お問い合わせ

真學経営塾 事務局

〒862-0950
熊本市中央区水前寺6丁目46-27 REGARIA SUIZENJI 3F
TEL:096-342-4558/FAX:096-342-4559
担当 花堂 裕俊/引地 佑介 まで
あなたのお申込み・ご入塾をお待ちしています!